和菓子販売の叶匠寿庵が不正アクセス被害、カード情報1,767件に流出の可能性

画像:叶匠寿庵オンラインショップへの不正アクセスによるクレジットカード情報不正取得被害のお詫びとご報告/株式会社・叶匠寿庵より

和菓子販売などを手掛ける株式会社・叶匠寿庵は2019年7月22日、ウェブサイト「叶匠寿庵オンラインショップ」が何者かのサイバー攻撃を受け、顧客のクレジットカード情報1,767件に流出の可能性があると明らかにしました。

同社が依頼した第三者機関による調査によると、ウェブサイト内に内在するシステム脆弱性が判明。攻撃者はこれを利用し、偽の決済画面を表示しカード情報を盗み取るなどしていたと見られています。

決済代行会社より指摘受け発覚

叶匠寿庵によると2019年3月13日、決済代行会社から「カード情報流出の可能性」について通知を受け、インシデントが明らかになりました。

通知を受けた同社は、第三者調査機関による調査を実施。2019年5月15日に報告書を受け取ったところ、オンラインショップの一部システムに脆弱性があり、偽の決済画面を表示するなどのサイバー攻撃を受けていた事実が判明しています。

また同調査により、攻撃を受けていた期間や被害件数なども判明。同社は2018年9月17日~2019年3月13日の期間中、同社オンラインショップでクレジットカード決済を利用した顧客はクレジットカード情報を不正取得された可能性があること。またこのうち、2018年9月17日~2018年10月3日の期間中に利用した顧客は、偽の決済フォームから情報が不正取得された可能性があるとしています。

件数 1,767件
期間 2018年9月17日~2019年3月13日 ※注1
流出可能性のあるカード情報 ・カード会員名
・クレジットカード番号
・有効期限
・セキュリティコード

注1:2018年9月17日~2018年10月3日の期間中に利用した顧客は、偽の決済フォームから情報が不正取得された可能性がある

参照叶匠寿庵オンラインショップへの不正アクセスによるクレジットカード情報不正取得被害のお詫びとご報告/株式会社・叶匠寿庵

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?