誤送信で説明会参加者250名のメールアドレスが流出、原子力規制委員会

画像:新卒採用活動における個人情報(メールアドレス)の漏えい/原子力規制委員会より

原子力規制委員会は2019年7月12日、原子力規制庁・新卒一般職向けのメール案内を送付する際に誤送信を起こし、説明会参加者250名のメールアドレスが流出したと明らかにしました。

同委員会によるとインシデントの原因は送信設定の入力ミス。2019年7月8日、担当者が一斉メールを送付する際に本来「BCC」に入力すべきところを、「TO」に記載し送付したことにより、アドレス流出が生じたとしています。

削除依頼を送付

同委員会によると誤送信発生の同日中に、インシデントに気付いたメールを受信者の親から指摘を受け、発覚しました。

事実関係を確認した委員会は規制庁に連絡。2019年7月9日に、影響を受けた参加者らに向け事案報告及び削除依頼のメールを送信したとしています。今後は全庁職員に注意喚起を実施。再発防止に繋げる考えです。

参照新卒採用活動における個人情報(メールアドレス)の漏えい/原子力規制委員会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?