GAFAなど巨大IT企業の個人情報収集、独占禁止法違反適用の意向|公正取引委員会

公正取引委員会は2019年7月、独占禁止法違反に当たる不当な情報収集についてガイドライン指針案を明かしました。今回の規制は、いわゆるGAFAなど巨大な情報プラットフォーマー企業を想定したもの。巨大企業の優越的地位を背景にした不当な情報収集・運用から、個人を保護する目的があると見られています。

3つの規定で情報保護

公取委が発したガイドライン案には、個人情報の不当な収集に当たるケースとして、

  1. 利用目的を知らせないまま個人情報を取得すること
  2. サービス提供に必要な範囲を超えて個人情報を集めること
  3. 安全管理措置を取らずに情報を取得・利用すること

上記3種を列挙。具体的な事例として、ウェブサイトやサービスの利用前に、収集する情報の利用目的を明示しなかったり、収集した情報を本人の同意なく外部サービスに提供するなどを明示しました。

規制の背景には、IT企業の巨大化に伴う、利用者との公平性のバランス変化があります。すなわち、巨大企業が独占的にサービスを提供する現在のIT業界において、個人情報の取り扱いに不満があるからと利用者が別のサービスへの変更を検討しても、代替となるサービスが実質的に与えられておらず、不公平であるという考え方を前提にしています。

巨大ITの不当な個人情報収集、独禁法違反適用へ指針案/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?