情報流出事案の続報発表、マルウェア「Emotet」に感染と判明|多摩北部医療センター

画像:公益財団法人東京都保健医療公社が運用する端末等に対する不正アクセス被害の発生による、メールアドレス等の個人情報の流出と対応について(第二報)より

東京都は2019年6月7日、公益財団法人・東京都保健医療公社にて発生した職員の業務用端末に対する不正アクセス被害について、外部調査機関の調査を経た続報を発表しました。

攻撃の原因は2019年5月1日に送付されたメールの添付ファイルを、当該職員が2019年5月2日に開封したこと。

これにより職員の端末は、情報窃取系のマルウェア「Emotet」に感染し、端末内のメールボックス情報が一部不正に流出した可能性があるとしています。

関連記事不正アクセスで患者情報等3,671件が流出、二次被害の懸念も|多摩北部医療センター

他の業務用端末や個人用端末には影響なし

東京都は調査の結果、不正アクセスの範囲がメールボックス内の一部に留まり、ハードディスクやファイルサーバーには影響がなかったと発表しました。

また第1報発表時に流出が懸念されていた、職員の個人用端末や、センター内の他の業務用端末にも、目立った影響はないと説明。

同センター内の端末のうち18台にはマルウェア感染が認められましたが、いずれも今回のインシデントとの関連性は薄いとのことです。

スパム攻撃の影響は?

今回のインシデントでは、なりすましメールの送付も確認されています。

東京都は2019年6月6日時点で、合計46通のスパムメールを確認。公社や都庁のメールサーバーが標的になりましたが、いずれも被害は未然に防止され、影響はないと発表しました。

具体的な被害状況は、下記の通りです。

攻撃対象 第一報時点 第二報(累計)
公社メールサーバ 3件 30件
都立病院・院内LAN 0件 6件
都庁メールサーバ 4件 5件
その他 3件 5件

参照公益財団法人東京都保健医療公社が運用する端末等に対する不正アクセス被害の発生による、メールアドレス等の個人情報の流出と対応について(第二報)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?