職員がメール誤送信、アドレス流出|対策が徹底されていない新潟県

画像:土木部都市局下水道課で一斉メール送信により個人メールアドレスを流出しました/新潟県より

新潟県の土木部都市局下水道課(以下:下水道課)は2019年6月4日、業務委託先にメールを送付する際に、誤送信を起こしメールアドレス3件を流出したと明らかにしました。

原因は不注意による操作ミス。下水道課に所属する職員が委託先3件にメールを送付する際に、1件を別の会社の担当者に誤送信したというものです。

単純ミスによる流出事案

情報流出を伴う誤送信の原因は、たいていの場合、宛先の設定ミスや不要なファイルの添付により生じます。しかし今回の事案は、メールアドレスの入力ミスによる誤送信。単純なミスだけに、防止する方法に乏しく、抑止が困難な事案と言えます。

下水道課は対策として、今後はダブルチェックを進めるとの考えを示しています。しかしながら、外部メールの送信は、日常業務で無数に発生する行為です。それだけに形骸化しやすく、注意が必要と思われます。

参照土木部都市局下水道課で一斉メール送信により個人メールアドレスを流出しました/新潟県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?