就学支援金に関するメールを誤送信、学生情報ら5件が流出|新潟県教育庁財務課

画像:就学支援金関係書類のメール誤送信がありました/新潟県

新潟県の教育庁財務課は2019年5月31日、就学支援金に関するメールを関係機関に送付する際に、本来送付すべき学生情報とは、別の学生情報5件を提供したと明らかにしました。

新潟県によると、県立高校に転入した生徒らの状況(履修単位数など)を元の私立高校に問い合わせたところ、誤って関係ない生徒の情報を添付し、紹介を要請したとのことです。

私立高校から指摘が入り発覚

インシデントの原因は2019年5月30日に、教育庁財務課から発信したメールです。

当初流出に気付いた人はいなかったものと見られますが、翌日の2019年5月31日、送付先の私立高校から「別の生徒の情報が送られてきている」と指摘が入り、流出が判明しました。同課はその後、送付先の私立高校に謝罪し、メールの削除を要請。さらに流出の影響を受けた生徒らに向けて、速やかに経緯を説明すると述べています。

新潟県は昨今、メール誤送信が相次ぐ状況。総務管理部情報政策課でもメール送信に関連した情報流出が起きています。

参照就学支援金関係書類のメール誤送信がありました/新潟県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?