コジマネットにパスワードリスト攻撃、顧客情報が不正に閲覧された可能性

画像:当社インターネットショッピングサイトでの不正アクセスについて/株式会社コジマより

家電製品販売店、株式会社コジマは2019年5月23日、同社のオンラインショップ「コジマネット」にて、パスワードリスト攻撃と思われる不正アクセスが発生したと明らかにしました。

攻撃の影響により、一部顧客アカウント内の登録情報(氏名・住所・連絡先・メールアドレス・購入履歴)が閲覧された可能性があるとのこと。クレジットカード情報は含まれていません。

パスワードリスト攻撃は、外部から不正入手したパスワードリストを用いて、別のサイトに不正ログインを試みる手法。ユーザーの多くは複数のサイトでパスワードを使いまわす傾向にあり、その性質を利用した不正アクセス手法です。

社内システムからの流出はなし

コジマ社はインシデント発生後、攻撃対象となった可能性のあるアカウントの設定パスワードを無効化する決定を下しました。ユーザーらにパスワードの再設定の連絡を呼び掛けるとともに、他サービスにて設定したパスワードを利用しないよう呼び掛けています。

参照当社インターネットショッピングサイトでの不正アクセスについて/株式会社コジマ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?