画像:情報セキュリティ10大脅威 2019/情報処理推進機構(IPA)より

情報処理推進機構(IPA)は2019年2月28日、サイバー攻撃に関する脅威ランキング「情報セキュリティ10大脅威2019」を発表しました。

同ランキングはトレンドの落差が激しいサイバー攻撃のなかから、特に警戒すべき手法の認知に役立つ資料。本年度は企業のセキュリティ担当者など120名による審議のもと、情報提供を手掛けています。

「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」が初ランクイン

法人向けのランキングでは、新しくサプライチェーン型攻撃がランクインしています。

サプライチェーン型攻撃とは、製造や加工・販売など商品に関するネットワーク(サプライチェーン)を利用して、サイバー攻撃を拡散する手口。大企業はセキュリティ体制が強固なため、まずはターゲットの企業と関係のある中小企業や下請け会社に侵入し、そこからデータ漏えいなどの被害を拡散する手法です。

メールを使った脅迫・詐欺による金銭要求も

個人向けのランキングでは、メールを使った脅迫・詐欺による金銭要求の手口がランクインしました。

メールによる詐欺行為そのものは以前からありますが、昨今は外部から流出したメールアドレスやパスワードを利用して根拠性を示しつつ、「アダルトサイトの閲覧を公表する」など、巧妙化が進んでいるとのこと。

身に覚えのない料金を電話やハガキで求める架空請求や、ホスト名を表示し利用者を特定したかのように見せかけるワンクリック詐欺の進化版と言えそうです。

参照情報セキュリティ10大脅威 2019/情報処理推進機構(IPA)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?