2018年1月30日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、「情報セキュリティ10大脅威」の発表を行いました。

同発表は目立った動きを見せるサイバー攻撃について、ランキング形式にまとめたもの。「組織領域」と「個人領域」に分類され、情報セキュリティの有識者や実務担当者らの投票により決定します。

組織部門のトップは「標的型攻撃」

情報セキュリティ10大脅威2018/IPA

企業や各組織が警戒すべき攻撃をまとめた「組織部門」では、特定の組織を集中的に狙う「標的型攻撃」が1位にランクイン。昨年度も標的型攻撃と見られる動きは活発で、多くの企業が個人情報の流出被害を受けました。

また、身代金型マルウェア「ランサムウェア」や、「ビジネスメール詐欺」がそれぞれ2位と3位に付けています。「Wanncry」や「Badrabbit」の存在は未だ記憶に新しく、北朝鮮の関与が確認されている事案です。

個人部門のトップは「ネットバンク・カード情報不正利用」

個人部門では「ネットバンク・カード情報の不正利用」が1位にランクイン。「ランサムウェア被害」や「ネット中傷」と続きますが、1位~9位までの順位は変わりません。

IPA側の報告によると、ネットバンクやカード情報の漏洩数は減少傾向にあるものの、新たに仮想通貨の取引口座を狙ったサイバー攻撃が確認されているとのこと。折しも世間は「コインチェック」騒動の最中にあり、IPAの指摘には頷けるものがあります。

なお、IPAは今後2018年3月下旬に、今回発表した10大脅威を詳説版を公開する予定。今後の動向にも注目が集まります。

〈参照〉
情報セキュリティ10大脅威2018/IPA

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事