画像:フィッシング対策協議会より

フィッシング対策協議会は2019年2月20日、 日本クレジットカード協会との協業企画「サイバー犯罪被害防止啓発キャンペーン」を開始したと明らかにしました。

同キャンペーンは、フィッシングメールなどを起因とするサイバー犯罪被害の防止を目的としたもの。大手企業に見せかけたメールやメッセージを受け取った際に、「立ち止まって考える習慣」を身に着けるべく、啓発ポスターなど資料の提供を進めています。

前年度比200%を超えるフィッシング詐欺

フィッシング対策協議会はキャンペーンの実施背景について、フィッシング詐欺の急速な増加を指摘しています。協議会によると、昨年度中に協議会に寄せられたフィッシングメールの報告件数は前年度比200%超。また2018年1月~9月に生じたクレジットカード被害額が合計131.8億円と増加傾向にあるとのことです。

参照フィッシング対策協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?