画像:不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告/釣りビジョンより

株式会社釣りビジョンは2019年1月25日、同社ウェブサイトに係るサーバーが何者かの不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があると明らかにしました。

攻撃を受けたデータベースには、2006年以降のプレゼント応募や番組人気投票などのフォーム入力情報6万3,656件が含まれていました。同社は謝罪を表明するとともに、再発防止策に取り組んでいます。

SQLインジェクションによる攻撃

釣りビジョンによると、インシデントは2019年1月5日、同社がウェブサーバーの保守管理を委託する会社から「サーバーの異常を検知した」と連絡を受け発覚しました。

連絡を受けた同社が社内調査を実施したところ、通常では想定できない大量アクセスを確認。委託先会社と調査を進めた結果、何者かが脆弱性診断ツールを悪用しSQLインジェクション攻撃を仕掛け、サーバー内に侵入した痕跡が発見されたと説明しています。

外部調査機関により流出の疑いを指摘される

釣りビジョンは今回のインシデントについて、2019年1月18日に流出した疑いが確認されたとしています。発表は同社が依頼した外部の専門調査機関の報告を踏まえ行われました。

流出した情報は、2006年以降のプレゼント応募や番組人気投票など、ホームページ上で入力されたもの。件数は下記の通りです。

  • メールアドレス:5万1,345人
  • メールアドレス、氏名:7,629人
  • メールアドレス、氏名、住所:4,682人
  • 合計:6万3,656件

参照不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告/釣りビジョン

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?