7億8千万件超のメールアドレスが流出、マイクロソフト所属のセキュリティ専門家が発見

画像:Have I Been Pwned(ハント氏の流出アドレス確認サイト)より

ハッカーなどが利用する闇フォーラムでこのほど、7億8千万件ものメールアドレスや2千万件以上のパスワードが流出していることが明らかになりました。

情報を明かしたのはマイクロソフト所属のセキュリティ専門家トロイ・ハント氏。既に多くのメディアで報じられている本件ですが、流出件数としては史上最大規模になると見られています。

実数は11億件以上か

今回明らかにされた流出情報は、いずれもクラウドストレージサービス「MEGA」にアップロードされ、ハッキングフォーラムで公開されたもの。7億8千万件とのことですが、これはトロイ・ハント氏が不完全なものや重複分などを整理したもので、実数は約11億件ほどの情報になるとのこと。

公開した人物の意図は定かではありませんが、別のハッカーによるリスト型攻撃に利用される危険が示唆されています。

参照あなたのデータも含まれる? 7.7億件の個人情報がネットに流出/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?