職員が海外出張中にPC盗難被害、学生の個人情報397件が流出|長岡技術科学大学

画像:個人情報が保存されているノートパソコンの盗難について(お詫び)/国立大学法人長岡技術科学大学より

長岡技術科学大学は2019年1月15日、同大学の職員が海外出張中にノートパソコンを紛失し、学生情報など合計397件が流出した可能性があると明らかにしました。

同大学の発表によると、大学職員はノートパソコンを持ち込み国際学会に出席。会議の休憩時間にノートパソコンを鞄に置いたまま席を外したところ、何者かに持ち去られた可能性があるとのことです。

現地警察に依頼するも見つからず

インシデントは2018年12月12日に発覚。出張中の職員より大学宛に、「ノートパソコンの盗難被害にあった」と連絡が入ったことにより明らかになりました。

連絡を受けた大学が職員帰国後の2018年12月14日に事実確認を行ったところ、国際学会出席中に紛失したことが判明。当該職員は学会主催者に報告した上で現地警察に被害届を提出したものの、結局ノートパソコンの発見には至らなかったとのことです。

学生情報など397件が記録される

大学側の発表によると、紛失したノートパソコンには学生情報など397件が含まれていました。詳細は下記の通りです。

対象 件数 内容
学部担当科目の履修者情報 169件 氏名、学籍番号、点数
修士担当科目の履修者情報 215件 氏名、学籍番号、点数
教員の研究室名簿 13件 氏名、学籍番号、メールアドレス、携帯電話番号

参照個人情報が保存されているノートパソコンの盗難について(お詫び)/国立大学法人長岡技術科学大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?