顧客情報など数十万件に流出の可能性、クラウドサーバーが不正アクセス被害|株式会社ベーシック

画像:不正アクセスによるお客様情報の流出の可能性に関するお知らせとお詫び//株式会社ベーシックより

株式会社ベーシックは2018年12月20日、同社が利用しているクラウドサービスがサイバー攻撃を受け、顧客情報が流出した可能性があると明らかにしました。

同社によると、攻撃者は海外のIPアドレスを使用しサーバー内に侵入。不正にサーバーが起動されるなどの被害が生じ、攻撃者がクラウドサービス内の個人情報を含むファイルにアクセスできる状態が生じたとしています。

クラウドサービスへの不正アクセス

ベーシックによると、不正アクセスの懸念は2018年12月6日に発覚。同社がサーバーを停止し調査を実施したところ、2018年9月26日に顧客情報が格納されたファイルが存在するクラウドサービスへの攻撃の痕跡が確認されたとしています。

同社はその後、不正アクセスの原因となった認証キーを特定し無効化し、アクセスの経路の遮断を実施。警察機関など関係部署に連絡を行った上で、第三者調査機関への調査を依頼し、対応を進めています。

数十万件の被害が発生

ベーシックによると、今回のインシデントにより「ferret one」「ferret」「マケスト」などを利用する各顧客情報及び、導入企業が保有する顧客情報に流出の懸念が発生したとのことです。

  • 不正にサーバが起動されていた期間
    2018年12月4日 〜 2018年12月6日
  • 不正にクラウドサービス内の個人情報を含むファイルへアクセス可能だった期間
    2018年9月26日 〜 2018年12月6日

影響を受けた可能性のあるサービス名および顧客情報は下記の通りです。

影響を受けた可能性のあるサービス 内容、件数
ferret one 導入企業の登録情報:703件
メールアドレス
担当者氏名
会社名/会社電話番号など
導入企業の保有する顧客情報:10万720件
メールアドレス
氏名
ferret メールマガジンの会員情報:24万8,230件
メールアドレス
ホワイトペーパーのダウンロードおよび問い合わせ会員の登録情報:5万1,223件
氏名
メールアドレス
会社名
電話番号
運営サイトのURL
職種
役職
マケスト マケスト導入企業の登録情報:244件
氏名
メールアドレス など
資料ダウンロード会員の登録情報:3,124件
氏名
メールアドレス
勤務先電話番号
企業名
住所
業種
従業員規模
部署職種
役職
導入時期

参照不正アクセスによるお客様情報の流出の可能性に関するお知らせとお詫び//株式会社ベーシック

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?