画像:株式会社TBMより

株式会社TBMは2018年11月6日、同社の社員が業務用ノートパソコンを紛失し、個人情報合計619件に流出の可能性があると発表しました。

ただしノートパソコンにはパスワードによるセキュリティ設定が施されていたとのこと。また記事発表時点で、二次被害等も確認されていません。

流出した情報の内訳は?

TBMによると顧客の個人情報を記載した合計619件の資料が格納されており、これにより流出の懸念があるとしています。

また同社によると流出した情報には、

  • 会社名
  • 住所
  • 担当部署
  • 担当役職名
  • 担当者名
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メールアドレス

が含まれていたとのことです。

謝罪対応を進める

TBMによると、ノートパソコンは11月2日の19時30分ごろに紛失。約1時間後に警察署に遺失届を提出する対応を取っています。

ただしノートパソコンは記事発表時点で発見に至っておらず、同社はノートパソコンの捜索を続けると同時に、影響を受けた可能性のある顧客に向けて、書面で連絡を行っています。

参照個人情報を含むノートパソコンの紛失に関するお詫びとご報告/株式会社TBM

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?