画像:ロイヤルホールディングス株式会社より

大手外食企業のロイヤルホールディングス株式会社は2018年10月25日、個人情報を含むノートパソコン1台を紛失したことを明らかにしました。

同社によると、該当するノートパソコンには新卒向け説明会やインターンシップ予約者らの個人情報、合計3,038名分が含まれていたとのこと。ただし情報が記録されていたノートパソコンにはセキュリティ対策が施されており、二次被害等は確認されていません。

強固なセキュリティ対策が功を奏す

ロイヤルホールディングスによると2018年10月23日、従業員が業務中にノートパソコンを移動させた際に、紛失が明らかになったとのこと。同社は紛失発覚後に警察に連絡を行ったものの、現時点で発見に至っていないとしています。

ただし同社によると、紛失したノートパソコンには不正利用対策として、二段階認証によるセキュリティ設定が施されているとのこと。また内部ストレージ部分にも暗号化処理が行われており、かなり強固な流出対策が実施されていました。

記録されていた情報の内訳は?

ロイヤルホールディングスの発表によると、ノートパソコンには2019年~2020年度の新卒学生3,038名分の個人情報が記録されていました。

内訳は下記の通りです。

対象 件数 内容
エントリーした2019年卒業予定の学生 2,904件 氏名
学校名
性別
住所
会社説明会を予約した2019年卒業予定の学生 1,006件 氏名
学校名
学部
学科
性別
電話番号
インターンシッププログラムを予約した2020年卒業予定の学生 134名 氏名
学校名
学部
学科
性別
電話番号
メールアドレス

参照個人情報を含むノートパソコン紛失に関するお詫びとお知らせ/ロイヤルホールディングス株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?