画像:Facebookより

大手SNSサービス「Facebook」は2018年10月17日、約2,900万人分の情報漏洩を起こした不正アクセス事件を受けて、説明会を開催しました。

説明会では米国Facebook社のプライバシー部門の副責任者であるロブ・シャーマン氏が登場。「プライバシーやセキュリティに対して責任を負っている」との認識を表明し、対策を加速する考えを示しました。

2018年中にプライバシー保護担当者を2万人に拡充

情報によると、フェイスブックは同社のプライバシーや情報管理に取り組む人間を約2万人ほど増員する予定とのこと。ユーザーへの啓もう活動や、ユーザー自身がデータ管理を行いやすいUI作りを継続することで、本人が意図しない情報の流出を抑制する考えです。

また同社は新たな対策として、サードパーティー製アプリの審査を厳しくする予定も発表。外部企業による情報流出を抑止する計画も示しました。

Facebookを取り巻く暗雲

フェイスブックは2018年9月に入り、2,900万人もの情報漏洩を起こした事案が報じられ、大変な話題を呼びました。また同社は過去にも米国大統領選挙に関連した情報漏えい疑惑が浮上するなど、プライバシーや情報管理に強い懸念が相次いでいる状況です。

今回の説明会で明らかにされた増員計画が有効な対策となり得るのか。今後の対応に注目が寄せられています。

参照Facebook「ユーザーへの啓蒙続ける」 プライバシー保護の取り組み、2万人体制に/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?