画像:日本気象協会を装った迷惑メールにご注意ください/日本気象協会より

日本気象協会は2018年10月5日、同協会が展開する天気予報メディア「tenki.jp」を偽装した詐欺メールが横行していることを発表しました。

協会は「tenki.jp」利用者のメールアドレスは保有しておらず、詐欺メールとの関係はないとのこと。注意を呼び掛けています。

災害を装った詐欺メール

問題となっている詐欺メールは、災害を装うなどあまり例をみない形式が特徴です。

本文に「台風が最悪のコースへ」、「お住まいの地域が冠水する危険性があります」などを記載し、不審なURLや添付ファイルへと誘導する手口。巧みに危機感を煽り、閲覧を促そうと試みています。

手口そのものは単純

今回問題となった詐欺メールは、手口そのものは従来のフィッシングメールと大きな違いがありません。迂闊にリンクを踏まないなど、基本的な知識があれば被害を受けることはないでしょう。

ただし台風や洪水などが懸念される非日常的な状況では、つい警戒感が緩んでしまいやすいもの。それだけに悪質性が高く、注意が必要です。

参照日本気象協会を装った迷惑メールにご注意ください/日本気象協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?