画像:リップルを利用したフィッシング詐欺が韓国で摘発... 共犯に日本人も/フィッシング対策協議会より

フィッシング対策協議会は2018年9月18日、韓国で仮想通貨リップルを利用したフィッシング詐欺が行われたことを報じました。

情報元のファイナンシャルニュースによると、共犯者の中には日本人も含まれているとのこと。容疑者らは仮想通貨を移管するフィッシングサイトで詐欺行為を働き、合計約9億ウォンを盗み出した疑いが持たれています。

事案の経緯は?

情報によると、犯行グループのキム氏らは2017年7月頃より米国サーバーを通じて、仮想通貨の移管サイトを模倣したフィッシングサイトを日本・韓国の両国に開設。

その後IDとパスワードだけで取引できるユーザーを選別した上で、フィッシングサイトに移管しなければ仮想通貨が使用できなくなる旨のメールを転送することで、通貨を盗み出した疑いがもたれています。

被害規模は?

情報によると、犯行グループはまず合計47名・約4億ウォン相当の仮想通貨「リップル」を盗取したとのこと。

またグループはその後再び14名・約5億ウォン相当の仮想通貨を奪ったと報じています。

なおソウル東部地検のサイバー捜査部は2018年9月13日、これらの犯行メンバーを拘束・起訴。ただし取引所を運営していた日本人メンバーについては、所在不明であることから起訴判断を見送ったものと見られています。

参照リップルを利用したフィッシング詐欺が韓国で摘発... 共犯に日本人も/フィッシング対策協議会
参照リップルを利用したフィッシング詐欺が韓国で摘発… 共犯に日本人も/The financial news JAPAN

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?