画像:2018 FIFA world cup russiaより

ロシアのプーチン大統領は2018年7月16日、各国の情報機関が集まる会議にて「ワールドカップロシア大会に際して大規模なサイバー攻撃が行われていた」と明らかにしました。

情報によると、サイバー攻撃は約2,500万回行われたとのこと。プーチン大統領は「犯罪を防いだ」と成果を語りました。

攻撃元は明かさず

ロシア政府は、サイバー攻撃の大部分はワールドカップに関連した、ロシアのネットワーク情報体制に対する犯罪行為だったとの見方を示しています。

しかしながら、同国は一連のサイバー攻撃の背後にいる存在について一切公表を行っておらず、どこまで把握しているのかは不透明な状況です。

東京オリンピックへの懸念が高まる

昨今、世界各国が注目するスポーツイベントでは、大きなサイバー攻撃が行われると囁かれてきました。

今回の事案はそれらを半ば照明した形であり、東京オリンピックでの懸念は一層高まりを見せています。運営組織はもとより、関係企業などにも攻撃の手が伸びる可能性は高く、より強固なセキュリティー体制が望まれています。

参照W杯期間中のロシアにサイバー攻撃2500万件、プーチン氏明かす/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?