「定期的なパスワード変更」で不正アクセスのリスク増|総務省がセキュリティ対策の方針転換

[更新]
「定期的なパスワード変更」で不正アクセスのリスク増|総務省がセキュリティ対策の方針転換



総務省は2018年3月に入り、パスワードに関するセキュリティ対策の方針転換を決定。従来の「定期的なパスワード変更」を止めて、「複雑なパスワードを使い続けること」を推奨するよう呼び掛けています。

定期的なパスワード変更は、ほとんど全ての国内サイトで呼びかけられていたセキュリティー対策。その根底を覆すかのような決定に、大きな注目が集まっています。

米国などで「変更しない方が良い」との指摘

今回の方針転換は、パスワードに対する世界的な認識の変化が影響しています。

米国では2016年頃から既に「パスワードを繰り返し変更するより、複雑なパスワードを使った方が良いのではないか?」という声が高まっており、この傾向は年を経るごとに段々と増加。今ではメインストリームを形成しつつあります。

日本国内でもこの流れを受けて、2017年12月よりNICU(内閣サイバーセキュリティセンター)が方針転換を決定。恐らく、今回の総務省の決定も、この流れを汲んだものと見るのが妥当です。

どうして変更が悪影響及ぼすのか?

ところで、複雑なパスワードを用いることに異論はないものの、「何故パスワードを変更したらいけないのか?」と疑念を持つ方は多いかと思います。「変更しないより変更した方がいいんじゃないの?」と、考えるのは当然の話です。

ですが、皆さんはパスワードの変更を繰り返すうちに、「段々と簡素で覚えやすいもの」にしていたご経験はないでしょうか。

忙しい日々においてパスワードの変更は”面倒”であり、頻繁に変更を繰り返す人は、「01」を「02」に置き換える単調な変更や、「どうせ変えるから良いだろう」と覚えやすいものにする傾向にあると言われています。

これらが、セキュリティに悪影響を及ぼすのは自明の理。パスワードの頻繁な変更は知らず知らずのうちにセキュリティリスクを高めているのです。

〈参照〉パスワード「頻繁に変更はNG」総務省が方針転換/日本経済新聞

ゼロから始めるセキュリティ対策!
セキュリティチェック25
img_pdf

「セキュリティ対策」はインターネットを利用する全ての企業にとって必須

大企業であればお金をかけてしっかりとした対策に取り組めますが、
そんな予算もない中小企業の方々は、「セキュリティ対策が必要だとわかっていても何をすれば良いかわからない、、、」という方も多いはず。

そんな中小企業の方々、
特に50名以下の企業の社長、IT担当者、総務部担当者の方々は絶対に知っておきたい!自分でできるセキュリティ対策がチェックできるA4サイズ1枚にまとめた25項目のセキュリティチェックシートです。

メルマガ登録で無料ダウンロード!
無料ダウンロードはコチラ

こちらのページもご覧ください。

セキュリティ診断サービス

あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配...
サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

標的型メール訓練サービス

近年増え続ける標的型攻撃の対策はできてますか?社長だけが大丈夫でも社員全員の意識を上げないと、メールが来たら1/3も...

セキュリティ人材の育成に

今後不足すると言われているセキュリティ人材の確保を早めに対応しませんか?たった2日で学べる集中コース!

情報セキュリティ監査

150,000円のセキュリティ監査!専属担当者の採用は難しいけど、セキュリティが心配...という方必見です。

メルマガ会員登録募集中

中小企業向けセキュリティチェックシートプレゼント!その他特典多数!詳細はこちらをクリック!

会員情報27万件の流出を確認、三菱地所「ショッパークラブ」調査結果を公表

寄附募集サイト「長野県みらいベース」へ2万回以上の不正アタック

尼崎市健診予約サイトからの情報漏洩1万1,960名分と確認、運営委託先に損害賠償を求める

作者:   セキュリティニュース