サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「定期的なパスワード変更」で不正アクセスのリスク増|総務省がセキュリティ対策の方針転換



総務省は2018年3月に入り、パスワードに関するセキュリティ対策の方針転換を決定。従来の「定期的なパスワード変更」を止めて、「複雑なパスワードを使い続けること」を推奨するよう呼び掛けています。

定期的なパスワード変更は、ほとんど全ての国内サイトで呼びかけられていたセキュリティー対策。その根底を覆すかのような決定に、大きな注目が集まっています。

米国などで「変更しない方が良い」との指摘

今回の方針転換は、パスワードに対する世界的な認識の変化が影響しています。

米国では2016年頃から既に「パスワードを繰り返し変更するより、複雑なパスワードを使った方が良いのではないか?」という声が高まっており、この傾向は年を経るごとに段々と増加。今ではメインストリームを形成しつつあります。

日本国内でもこの流れを受けて、2017年12月よりNICU(内閣サイバーセキュリティセンター)が方針転換を決定。恐らく、今回の総務省の決定も、この流れを汲んだものと見るのが妥当です。

どうして変更が悪影響及ぼすのか?

ところで、複雑なパスワードを用いることに異論はないものの、「何故パスワードを変更したらいけないのか?」と疑念を持つ方は多いかと思います。「変更しないより変更した方がいいんじゃないの?」と、考えるのは当然の話です。

ですが、皆さんはパスワードの変更を繰り返すうちに、「段々と簡素で覚えやすいもの」にしていたご経験はないでしょうか。

忙しい日々においてパスワードの変更は”面倒”であり、頻繁に変更を繰り返す人は、「01」を「02」に置き換える単調な変更や、「どうせ変えるから良いだろう」と覚えやすいものにする傾向にあると言われています。

これらが、セキュリティに悪影響を及ぼすのは自明の理。パスワードの頻繁な変更は知らず知らずのうちにセキュリティリスクを高めているのです。

〈参照〉パスワード「頻繁に変更はNG」総務省が方針転換/日本経済新聞





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。