画像:情報処理推進機構(IPA)より

2018年3月13日、情報処理推進機構(IPA)は、同機構が運営するITパスポート試験の団体申込システムに不具合があり、情報漏洩を起こしたことを公表しました。

IPAによると、2つの団体が同時に申込情報をCSV形式でダウンロードしたところ、お互いの情報が交錯して出力されてしまったとのこと。

現在のところ不正利用等の被害は確認されていませんが、IPA側は謝罪と対応を進めています。

事件の経緯は?

今回の情報琉えいは2018年2月26日に、2つの組織が同時に申込情報のダウンロードを行ったことにより発生したインシデントです。ダウンロードしたCSVファイルを見て不審に感じた団体が、コールセンターへ通報を行ったことにより発覚しました。

その後IPA側は、直ちに修正作業を開始。2018年3月5日にはシステムの改修を済ませ、現在は安全性の確認が取れている状況です。

被害規模や内訳は?

通報を受けたIPAは調査を開始。事実確認を行ったところ、流出した情報は合計「137件」であると発表。

  • ITパスポート試験の受験申込者の受験番号や受験日
  • 氏名・成績及び合格証書番号(受験済の人)
  • 受験料の支払いに要するチケット番号

などが、流出したことを確認したと説明しています。

なお、流出した情報について2018年3月13日時点での不正利用は確認されておらず、ひとまず安心と言った状況です。

〈参照〉
プレス発表 ITパスポート試験における個人情報等の漏えいについて/独立行政法人情報処理推進機構

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。