画像:CYDER/情報通信研究機構より

情報通信研究機構(NICT)は国や地方公共団体の関連組織を対象に、実践的なサイバー防御演習(CYDER:CYber Defense Exercise with Recurrence)を行う予定を公表しました。

政府のサイバーセキュリティ方針に基づき2013年度からスタートしたこの企画は、2018年も開催。NICTによると、政府組織だけでなく一般企業も参加することが可能とのことです。(空席がある場合)

「サイバー攻撃を受けたことが無く、イメージが難しい」という方にはピッタリ。2017年度は全国47都道府県で実施され、参加のしやすさも魅力です。

サイバー攻撃に対する本格的トレーニング

通称「CYDER」と呼ばれるこの企画は、参加組織がそれぞれチームに分かれ、模擬的に再現した環境でインシデント体験を行うというもの。

NICTの有する高性能サーバ群を活用することで、ネットワーク環境をリアルに再現。最新のサイバー攻撃を模擬的に発生させ、参加者たちは実際にインシデントが発生した状況を体験することができます。

レベルに合わせたカリキュラム

「CYDER」のカリキュラムは、事前に用意されたオンライン学習で基礎的知識を身に着け、実習を通じてサイバー攻撃を体験。グループワークを通じて、サイバーセキュリティに対する意見交換を行うというカリキュラムです。

2017年度の「CYDER」では、初心者向けであるAコースとセキュリティ担当者向けのBコースに分別され、それぞれのセキュリティ意識の向上に寄与しました。

〈参照〉
実践的サイバー防御演習「CYDER」/情報通信研究機構(NICT)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事