画像:総務省より

2018年3月3日、総務省がサイバー攻撃対策として国会に提出する予定の法案概要が明らかになりました。情報によると、改正対象となるのは「電気通信事業法」および「独立行政法人情報通信研究機構(NICT)法」の2法律です。

2020年の東京オリンピック及びパラリンピックのサイバー攻撃対策として、IoTセキュリティの情報共有の円滑化や、脆弱性対策を推し進める考えです。

法改正の内容は?

総務省はサイバー攻撃の被害拡大を防止・抑制するために、「情報共有」が大切であると認識。緊急性の高いサイバー攻撃や不正アクセス情報をプロバイダー間で共有できるように、電気通信事業法を改正する考えを示しています。

また、独立行政法人情報通信研究機構法を改正することで、NICTが脆弱性が認められる機器を調査できるように。IoT機器などに脆弱性が認められる場合、「オリンピック関連事業から切り離される」かもしれません。

大規模攻撃が指摘されるオリンピック

2020年東京オリンピックのサイバーリスクについては、既に繰り返し警鐘が鳴らされています。事実、2018年の平昌オリンピックにおいてもサイバー攻撃と見られる被害が生じており、かなりの危険性を有していると言えるでしょう。

総務省は上下水道や電気、通信などの重要インフラが攻撃された事態を想定。予想される甚大な被害に対処すべく、日本国内でのセキュリティ向上に総力を挙げる姿勢です。

〈参照〉
第196回国会(常会)総務省提出予定法案等/総務省

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?