2018年2月1日、米国「Adobe Systems(アドビシステムズ)」は、同社が提供する「Flash Player」(ver28.0.0.137以前のもの)について未修整の脆弱性が存在することを公表しました。

今回の脆弱性はメモリの使用解放後に生じるものであり、攻撃者に悪用されるとユーザーが意図しないコードを実行される可能性を内包した致命的なもの。既に修正ファイルの公開前に攻撃を行う「ゼロデイ」攻撃が確認されており、注意を呼び掛けています。

深刻度「Critical」と指定。対応策は?

アドビシステムズ側は、今回の脆弱性について深刻度を「Critical」と指定。修正版が登場するまでの間、

  • Flash Playerをアンインストールする
  • Flash Playerの無効化
  • Officeファイルを「保護ビュー」で実行する

などの対応策を提示しています。
また、同社は2018年2月5日頃から週内にかけて、修正版を公表する予定です。

北朝鮮による「ゼロデイ」攻撃

今回の脆弱性について、既に韓国国内にて複数の被害が生じています。同国セキュリティー企業「Hauri」によると、北朝鮮がスパイ活動を目的として同脆弱性を悪用した「ゼロデイ攻撃」を実行しているとのこと。

セキュリティ修正の間隙を縫ったサイバー攻撃であるため、「Flash Player」を使用し続ける限り、防ぐ手段は限定的。対応の難しさを説明しています。

<参照>
Flash Playerにゼロデイの脆弱性、韓国で悪用攻撃発生/ZDNet Japan

アドビセキュリティ情報/Adobe

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事