12月7日、仮想通貨関連取引を手掛ける「NiceHash」は、セキュリティ上の侵害があったことを理由に、全ての業務を24時間停止することを発表しました。何者かのサイバー攻撃により支払いシステムが乗っ取られた可能性が高いと思われます。

同社によると今回の攻撃により「NiceHash」内に保存されている大量のビットコインが流出。現時点で正確な被害規模は明らかになっていませんが、相当な金額になることは間違いなさそうです。

マイニング報酬を狙った攻撃か

「NiceHash」は一般的なPCで手軽にマイニングを行うことができる画期的なサービスを売りにしている企業です。しかし、マイニングにより得た報酬はビットコインとして保管されるため、今回の不正アクセスはその点を悪用されたものと見られています。

同社は今回の事件を受けて被害にあった講座番号を確認するとともに、関係当局と連携して事件の解決に協力する姿勢を見せています。

ネットワークビジネスに潜む危険性

今回の不正アクセス事件は仮想通貨「ビットコイン」が絡んでおり、大きな注目を呼んでいます。

ところが、こうした不正アクセスに対する被害は計り知れず、甚大な損失を生み出す可能性も。年の瀬も迫り多忙な時期ではありますが、今一度セキュリティシステムの再確認をしてみては如何でしょうか。

〈参照〉
Nice HASH

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?