画像:東京ガス株式会社HPより

9月1日、東京ガスが運営するウェブサイトサービス「myTOKYOGAS」にて、国外IPアドレスから不正アクセスが行われ、個人情報合計17件が流出した可能性があることを発表しました。なお、情報流出による実害の発生は確認されずとのことです。

同社は事件発覚後、同ウェブサイト上での取引や情報紹介を停止していましたが、現在はサービスを再開しています。

短期間に10万回以上もの不正ログイン

同社の報告によると、事態が発覚したのは情報公開の前日である8月31日の15時頃。担当者が大量のログインエラー履歴が出ていることにより察知し、45分には「myTOKYOGAS」のサービスを一時的に停止したとのことです。

その後の調査では、8月30日の16時頃より事件発覚までの間に、海外のIPアドレスから述べ10万回を超える不正アクセスを受けていたことが明らかになりました。

なお、今回の事件で流出した情報は17件。その内訳は「氏名、ガス及び電気の使用量と金額・同社が提供するポイントサービスの保有数」とのことです。

再発防止策

東京ガスの発表によると、今回の事件に対する再発防止策として、国外IPからの当該サイトへのアクセスを禁止するように設定。警察や関係省庁への報告を実施したとのことです。

また、不正アクセス被害にあったアカウントは当面の間凍結し、該当する顧客に対する連絡を実施したと述べています。

<参照>
ガス・電気料金情報WEB照会サービス「myTOKYOGAS」への不正アクセスによるお客さま情報の流出について(PDF)/東京ガス株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事