画像:LINE WEBサイトより

LINEをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会は、アカウント情報(メールアドレス、パスワードなど)を絶対に入力しないよう注意を注意を呼び掛けています。

今回確認されているフィッシング攻撃は、「LINE変更確認」といった件名で、本文では、「LINEのアカウントが盗まれたことによる変更申請メールをいただきました」といった内容で記載したURLをクリックするよう指示し、偽サイトへ誘導する手口でアカウント情報をだまし取ろうとしていました。

また、LINEの社名はアルファベット表記ですが、今回の攻撃では「ライン会社」を名乗っています。またメール文章でも不自然な表現が見られることから、日本語を母国語としない攻撃者により送信された可能性があるとみられています。

フィッシング対策協議会によれば、今回のフィッシング攻撃で、以下3件のURLについて報告を受けています。

【誘導先の偽サイトのURL】

http://www.●●●●oe.cn/

http://www.●●●●ii.cn/

http://www.●●●●jk.cn/

また、29日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているとのことです。

これまで(3月16日、2月6日、1月10日)にも、LINEをかたるフィッシングメールについて、フィッシング対策協議会より緊急情報が出されており、同協会は、誤ってフィッシングサイトへアカウント情報を入力しないよう、LINE利用者へ注意を呼びかけています。

<参考>
LINE をかたるフィッシング (2017/05/29)/フィッシング対策協議会
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る/Security NEXT
「変更申請メールをいただききました……」LINEをかたるフィッシングメール出回る/INTERNET Watch

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?