画像:損保ジャパン日本興亜より

2017年2月27日、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、2017年7月より自動運転機能搭載車及びインターネット接続を行うコネクテッドカーにおいて、不正アクセス・システム欠陥による事故(人身・物損)を補償する「被害者救済費用特約」を、自動付帯するとの発表を行いました。

IoTの普及により自動運転機能も徐々に一般的となりつつある現在、不正アクセス・システム欠陥による事故例は報告されていませんが、今後十分に起こり得るものであり、同社が先手を打った形となります。

事故原因が不正アクセスやシステム欠陥によるものあれば、運転者の損害賠償責任の有無が明確ではないため、確定に時間を要してしまう可能性があります。このような場合に、被害者救済及び事故の円満解決を図る為、今回の特約が新設されたとのことです。

<参照>
【自動車保険】自動運転車に対応した新たな補償の提供開始/損保ジャパン日本興亜

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。