家電へのサイバー攻撃が急増、IoT普及による家庭用ネット機器の危険性

2017年1月19日、情報通信研究機構(NICT)により、IoT製品を通じたサイバー攻撃の通信が年間約1億2600万件にのぼったとの調査結果が公表されました。

IoTの普及は人々の生活を格段に便利にし、今後もこの流れは加速していく事が予測されます。しかし、ネットと繋がる家電製品の増加に比例し、それらに対するサイバー攻撃も急速に増加し続けているのです。

NICTでは近く統計を公表し、関係機関に呼びかけを行うとしています。

狙われる家電製品

インターネットに繋がる製品はパソコンだけではありません。監視カメラや家庭用電話機、ファクス、テレビ、ゲーム機など多岐に渡ります。

サイバー攻撃者は、自身の身元情報を隠すために、第三者のネット機器を介して攻撃を行うことが一般的であり、このため十分なセキュリティ対策が行われていない家庭用ネット機器が狙われるのです。

ネット上では、IoT製品に対するサイバー攻撃を可能とする「Mirai(ミライ)」と呼ばれるウィルスも公開されており、今後も被害は拡大していくと思われます。

<関連>
IoT製品乗っ取りサイバー攻撃1億2600万件…家電や通信機器から発信 昨年、前年の6倍に/産経WEST

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?