新潟県環境保全事業団、不正アクセスによりHP改ざん被害

画像:公益財団法人新潟県環境保全事業団HPより

2017年1月12日、新潟県環境保全事業団のホームページへ不正アクセスが発生し、情報の一部が改ざんされる事件が発生しました。

同団では一時サイトを閉鎖していましたが、対策が完了したことを受け現在では復旧しています。

事件概要

今回の事件は、同団が利用していたコンテンツ管理システムの脆弱性を攻撃されたことにより発生したとのことです。

ホームページはロシア企業のURLが貼り付けられる等の改ざんが行われたほか、所属する地球温暖化防止活動推進員1名のプロフィール情報が閲覧されたことが分かっています。

<関連>
当事業団ホームページに対する不正アクセス事案の発生について/公益財団法人新潟県環境保全事業団

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?