(画像は自重堂サイトより引用)

作業着販売を行う株式会社自重堂が運営するオンラインストア「自重堂オンラインショップ」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報漏洩の可能性があるとの発表を行いました。

同社では、平成28年12月5日付けで、クレジットカード会社が指定する第三者調査会社の調査結果を公表しています。

漏洩の経緯

平成28年4月1日13時 クレジットカード決済代行会社を通じ、情報漏洩の可能性を指摘される
調査開始
オンラインショップ閉鎖
平成28年12月5日 情報漏洩の事実を公表

漏洩した情報

平成26年5月1日(木)から平成28年3月31日(木)の期間内に、同サイトにてクレジットカード決済を行った顧客のカード情報及び会員情報が、不正に盗み出された可能性があるとのことです。
※件数等は発表無し

漏洩後の対応

自重堂では、事故後の対応として下記を行っています。

  • オンラインショップの閉鎖
  • クレジットカード会社へ漏洩が疑われるクレジットカード情報を報告し、不正利用防止のモニタリングを依頼
  • 漏洩が疑われるクレジットカードを変更する場合の手続き代行及び手数料の負担
  • 調査会社指導によるセキュリティ施策の実施
  • 監督官庁への報告

問題点

この事件の最大の問題として、「公表までに長期間を要している」点が挙げられます。同社では、この点に関して“不確定な情報公開による混乱を避けたかった”としていますが、情報漏洩の可能性指摘から8カ月もの期間がかかっていることについて疑問が残ります。

<参考>
「自重堂オンラインショップ」への不正アクセスによる情報漏洩の可能性について/株式会社自重堂

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事