作業服通販の自重堂|不正アクセスでクレカ情報流出か

この記事は約 2 分で読めます。



(画像は自重堂サイトより引用)

作業着販売を行う株式会社自重堂が運営するオンラインストア「自重堂オンラインショップ」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報漏洩の可能性があるとの発表を行いました。

同社では、平成28年12月5日付けで、クレジットカード会社が指定する第三者調査会社の調査結果を公表しています。

漏洩の経緯

平成28年4月1日13時 クレジットカード決済代行会社を通じ、情報漏洩の可能性を指摘される
調査開始
オンラインショップ閉鎖
平成28年12月5日 情報漏洩の事実を公表

漏洩した情報

平成26年5月1日(木)から平成28年3月31日(木)の期間内に、同サイトにてクレジットカード決済を行った顧客のカード情報及び会員情報が、不正に盗み出された可能性があるとのことです。
※件数等は発表無し

漏洩後の対応

自重堂では、事故後の対応として下記を行っています。

  • オンラインショップの閉鎖
  • クレジットカード会社へ漏洩が疑われるクレジットカード情報を報告し、不正利用防止のモニタリングを依頼
  • 漏洩が疑われるクレジットカードを変更する場合の手続き代行及び手数料の負担
  • 調査会社指導によるセキュリティ施策の実施
  • 監督官庁への報告

問題点

この事件の最大の問題として、「公表までに長期間を要している」点が挙げられます。同社では、この点に関して“不確定な情報公開による混乱を避けたかった”としていますが、情報漏洩の可能性指摘から8カ月もの期間がかかっていることについて疑問が残ります。

<参考>
「自重堂オンラインショップ」への不正アクセスによる情報漏洩の可能性について/株式会社自重堂

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ