サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ハンゲームを装うフィッシングメールに注意

  • LINEで送る

ニュースの概要

オンラインゲームのポータルサイト「ハンゲーム」を装ったフィッシングメールが出回っているとして、2016年11月14日、同サイトとフィッシング対策協議会により注意喚起情報が公開された。

問題のメールは、「【ハンゲーム】お問い合わせを受け付けました。(自動配信メール)」という件名で、ハンゲームのサービスサポートへの問い合わせを行ったかのような記載がされており、さらに、不正アクセスを検知したためログイン制限を行ったといった内容もあり、不安に駆られた受信者に制限解除のためにセキュリティ対策とパスワードを再検証する必要があるとしてフィッシングサイトへ誘導し、ハンゲームIDやパスワード等の入力をさせ、アカウント情報を盗み取るという。

その後の対応

問題のフィッシングサイト閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼しているが、11月14日11:30現在にも同サイトは稼働中で、類似サイトが公開される可能性もあるとして、注意喚起と情報提供を呼び掛けている。

考察

ここ数週間で、多くの利用者のいるサイト等を装った同様の注意喚起情報の公開が続いており、ID・パスワードの取扱いやセキュリティ対策について再度確認する必要がありそうだ。
>LINEをかたるフィッシングメールに注意
>再びAmazonを装うフィッシング攻撃-クレジットカード情報に注意

関連リンク
ハンゲームによる発表
フィッシング対策協議会による発表

 

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。