ニュースの概要

フィッシング対策協議会によると、インターネット通信販売「Amazon」を装ったフィッシングメールが出回っているという。

2016年9月にも同様のフィッシング攻撃が報告されていたが、今回は「アカウント認証」という件名のメールが送られ、リンクのフィッシングサイトへと誘導し、メールアドレスとパスワードを要求、その後には住所、クレジットカードの名義人氏名、カード番号、有効期限、Cvvまでもを要求し、詐取しようとしているという。

その後の対応

同協議会によると、11月8日11:30現在にもフィッシングサイトは稼働しており、サイト閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターが調査中で、この間にも類似のフィッシングサイトが公開される可能性もあるとして、注意喚起と情報提供を呼びかけている。

考察

多数の利用者がいるサイトを装った攻撃が相次いでおり、今回の問題のメールは明らかに不自然な日本語の文面であり、そういった不審なメールにはアカウント情報や個人情報を入力することは絶対にしてはならない。

関連リンク
フィッシング対策協議会による報告

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?