サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

今企業に求められている「セキュリティエンジニア」が担う役割とは



セキリュティエンジニアとはどのようなプログラミングをするのだろうか?
そしてどんなセキリュティ機能や価値を企業に対して与えてくれるのだろうか?

今回はセキリュティエンジニアが今後多くの企業において当然のように求めれるだろう存在となる点も踏まえながら具体的にお伝えをしていく。

その役割とは?

セキュリティエンジニアとは、情報システムやWebサービスに対するセキュリティを主な職務とするエンジニアだ。

後を絶たない情報漏洩事件

私たちが日頃使用してスマートホンやコンピュータを通じて重要な情報である個人情報や顧客情報が流出することは早々ありえないことだと感じているビジネスマンは多い。

だが、一度重要な情報が外部に流出してしまっては企業の持つ信用や企業価値それ自体に傷が付いてしまう恐れがあり、そうした出来事があれば企業が受ける損害は大きいだろう。

事実として大企業を含む多くの企業が顧客情報を悪意あるサイバー攻撃によって流出してしまっている事件が後を絶たない。

情報セキュリティに特化したエンジニアが必要

だからこそ、情報セキュリティに特化したエンジニアによって、セキュア(安全)なセキュリティに配慮した情報システム設計やシステムの運用、そして悪意あるサイバー攻撃を未然に防ぐための調査・改善といった役割を任せることに大きな価値が生まれる。

その為、基本的には安全な情報システムやWebサービスを保守・運用することがその大きな役割となり、セキュリティに関する幅広い知識と経験を必要とする職種となる。

実際、私たちが日頃使用しているデジタルデバイスなどを通じて機密情報が流出することは十分にあり得ることだ。
そのような状況にならない為にもセキリュティエンジニアがセキリュティに対する対策や機能を提供する役割が必要となる。

そして、IoTと呼ばれるモノのインターネット化が起こった結果、当たり前のようにネットワークと通じ続けなければならない日常となったからこそ、それらのデジタル機器や情報システム、そしてWebサービスを利用する為の安全性を確保してくれる存在は必要不可欠だと言える。

セキュリティエンジニアに必要なスキルとは?

セキュリティエンジニアとして必要になるスキルは、基本的にはセキュリティ関連全般だと言え、それは想像以上に専門性が高く、そして豊かな経験を必要とする。

これらの専門的な知識と豊富は経験が最低限セキュリティエンジニアには必要となるスキルだと言える。

システム全般の知識

誰もが持っているデジタルデバイスであるスマートホンのWebメール、アプリケーションなどの日頃あたり前に使用している便利な機能がどうやって動いているのかを知らない人は多い。
ではそうしたなぜ動いているのかがわからない点をついた悪意あるサイバー攻撃を受けたらどうなるだろうか。
おそらく気づかぬ間に重要な情報や機密情報が盗み取られる危険性もあり得るだろう。

それらの状況にならないように「安全な情報セキュリティ」を考慮した情報システムやWebサービスを守り抜くだけのスキルを持つセキュリティエンジニアが必要となる。

脆弱性に関する知識

このようなサイバー攻撃が標的にしやすい対象のことを「脆弱性」のあるシステムやアプリなど言うが、どこかで聞いたことがあるのではないだろうか?

セキュリティエンジニアはこうした脆弱性のある問題や課題を解決する事が出来るスキルも必要となってくる。

その為には常にネットワーク機器やプログラミング、そして最新のセキュリティ事情などにも理解を深めておく必要がある。

今後の活躍の場は?

セキュリティエンジニアとはセキュリティ人材とも呼ばれていて、これらのセキュリティに関する専門性を持つ存在は以前よりもその需要が見込まれている。

現在日本は慢性的なセキュリティ人材不足

2012年に情報処理機構(IPA)が公表した「情報セキュリティ人材の育成に関する基礎調査」を皮切りにセキュリティ人材に不足が指摘されている。

特に必要となる専門性と企業が求められる能力を持っていると認定されているの本当に少ないとされている。

そして、セキュリティ人材が未だに少ないという課題は未だに多くの企業が抱えていている。

セキュリティ専門家は企業に必ず必要

また、セキュリティエンジニアは、企業がCSIRT(コンピュータセキュリティインシデント対応チーム)の構築に取り組む際にもやはり活躍する事が出来る存在だ。

このようにIT企業だけではなく非IT企業であっても安全なセキュリティを考慮した情報システムやWebサービスを使う事は当たり前となってきている。

だからこそ、セキュリティエンジニアの活躍する場は企業のどこにでもあると言えるだろう。

税務の専門家である税理士、そして法務の専門家である弁護士を必要する企業がセキリュティに関する専門家であるセキリュティエンジニアを必要とするのは今後必然だと言えるだろう。

まとめ

セキリュティエンジニアがいる事で企業は安心してさらなる企業活動を行う事が出来るようになる。

もしもなんら対策をしていないような意識があるならば、すぐさまセキリュティ対策がどのようになっているのかを確認する事をお勧めする。

 


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。