自分の使うパソコンがウィルスに感染することなどあってはならないことです。
またウィルス感染は自分のみならず、他人に被害をもたらす加害者になってしまうこともありえます。
ですから、日頃からウィルス対策ソフトなどのセキュリティ対策をしっかりと行って、感染を防がなければなりません。
しかし、どんなに対策をしっかりと講じたところで、感染する可能性はゼロではありません。

では、万が一感染してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。
今回は、万が一にウィルスに感染してしまった際にとるべき対処を下記の4つのポイントに分けて解説していきます。

ウィルス感染への対策

  1. ネットワークから切り離す
  2. ウィルススキャンをし、感染したウィルスを特定する
  3. 駆除方法の調査と駆除
  4. 駆除後の再ウィルススキャン

まず感染が発見された場合、もしくは感染が疑われる場合は必ず1のネットワークからの遮断をすぐに行います。
ウィルスは感染したパソコンからネットワークを介して他のパソコンへ感染拡大したり、不正な情報を送信したりする可能性があるためです。

したがって、この作業をまず何にも優先して行ってください。
そのうえで、2のウィルススキャンを実行し、感染したウィルスの特定を行います。

感染したウィルスを特定できれば、3その駆除方法を調べることが出来ます。

ウィルスによってセキュリティソフトウェア単独で駆除できるものや、特別なツールが必要なもの、あるいは何か特別な作業が必要なものもあります。
それらの手順はセキュリティソフトウェアの検知画面で指示が出るので、それに従ってください。
無事に駆除を行ったところで、最後にチェックを行って確実にウィルスが駆除されたことを確認します。

4の再ウィルススキャンです。
ここでは最低2回はウィルススキャンを繰り返し、確実にウィルスが検知されなくなったことを確認してください。

まとめ

これら4つの対応を行ったうえで、ウィルス感染に対する駆除対応は完了します。
ある意味で、2回以上ウィルススキャンを行うなど念には念をといった部分もありますが、万が一ウィルスが駆除出来ておらず、感染が拡大した場合は非常に大きな問題になる可能性があります。
ウィルス感染が発生した場合は、確実にこの4つを実行するようにしましょう。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事