サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

セキュリティチップとは?仕組みやメリットデメリット、注意点について徹底解説



近年、コンピュータからの情報漏洩などセキュリティ面でのリスクが大きな問題となっています。たとえば、スパイウェアなどによるクレジットカードなどの個人情報の盗み出しなどもその一例です。

こうしたリスクに対応するためにハードウェアへの組み込みが始まっているのが、「セキュリティチップ」です。今回は、セキュリティチップがどういったもので、どのようなメリットやデメリットがあるのかということについて解説します。

セキュリティチップとは

パソコンやスマホが盗難や紛失にあった場合、また不正アクセスやマルウェアなどに感染した時など、重要な情報が盗み出されてしまうリスクがあります。こうしたケースでは、クレジットカードの情報が盗まれる、IDやパスワードが知られてしまうといった結果、不正に情報を使われたり、犯罪に利用されたりといった危険性があります。

こうしたことを防ぐために、あらかじめ機器に組み込まれているのがセキュリティチップです。セキュリティチップを組み込むことで、高度なセキュリティレベルを実現することができます。

セキュリティチップの仕組み

セキュリティチップは、コンピュータなどのハードウェアに搭載されているもので、多くの場合は、基板上に直接取り付けられています。セキュリティチップは、暗号鍵の保管、暗号化メールの送受信、改ざん検知などさまざまな機能を持っています。また、取り出してもデータが読み出せないような高いセキュリティ性能を持っています。

セキュリティチップのメリット

高度なセキュリティレベルを実現できるというメリットのあるセキュリティチップですが、具体的にどういった効果やメリットが期待できるのでしょうか。以下では3つの項目について見ていきましょう。

1. 不正アクセス防止効果

通常、コンピュータが持っている個人情報やパスワードなどの機密情報はハードディスク上に保管されています。そのため、スパイウェアなどの感染によってそれらの情報が盗みだされ、悪用されるケースが起こっています。

アカウントやパスワードが盗み出されるとそれを悪用した不正アクセスなどの事態につながりますが、セキュリティチップを使っていると、それらの情報はハードディスクではなくセキュリティチップに保管されることになります。この場合は、スパイウェアでも情報を取得できないので、不正アクセスにつながる情報漏えいの防止につながります。

2. 暗号鍵を守る効果

セキュリティチップでは、コンピュータ固有の情報、暗号鍵やパスワードなどの秘密情報は、通常のハードディスク上ではなく、セキュリティチップに保管されています。

暗号鍵を用いたものでよく言われるのが、ハードディスクのデータ暗号化です。これは、ハードディスク内のファイルを暗号化し、紛失や盗難にあっても読めなくし情報の流出を防ぐものです。データを読むためには暗号鍵が必要となりますが、同じディスクに存在すると読み取られる可能性があります。しかし、セキュリティチップ上に保管されることで、こうしたリスクを回避することができます。

3. 改ざん検知効果

セキュリティチップは、ハードウェアやソフトウェアを監視し、変更があった場合は検知できるようになっています。もし、何らかの変更を検知した場合は、起動できなくなり、またチップを他のものに取り替えても起動できません。

セキュリティチップのデメリット

セキュリティチップは良い面ばかりではありません。逆にデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

1. 修理や部品交換が難しい

セキュリティチップを利用した機器の場合は、修理や部品交換が難しくなるケースがあります。

たとえば、AppleのMacではT2と呼ばれるセキュリティチップが搭載されており、ハードウェアに搭載されているさまざま部品を紐づけて監視しています。これによって、純正品以外の部品が使えなくなったり、正規の販売代理店以外での修理ができなくなったりといった制限が設けられています。問題のある部品や修理業者を排除するといった意味では、良い側面も多分にありますが、修理などが難しくなるデメリットもあるのです。

セキュリティチップによる暗号化の仕組み

コンピュータでは、さまざまな情報がやり取りされ、取り扱われています。そのため、ハードディスクを暗号化し、漏えいを防ぐという仕組みが一般的になっています。

暗号化されたデータを解読するには、暗号鍵というものが用いられますが、多くの場合は暗号化されたハードディスク内に保管されています。しかし、これではハードディスクを取り出された場合に解読されてしまう可能性があります。そこで、セキュリティチップを搭載した機器では、暗号鍵をセキュリティチップに格納し、ハードディスクを取り出してもデータを解読できなくしています。

セキュリティチップを搭載した場合の暗号化は、こうした仕組みで実装されています。

セキュリティチップの注意点

セキュリティチップには、いくつかの注意点があります。以下のようなケースでは、データが解読できなくなってしまうので特に注意が必要です。

  • チップを初期化すると、暗号化したデータが解読できなくなってしまう。
  • BIOSでTPMを無効にすると、再びデータが読めなくなってしまう。
  • パスワードを忘れてしまうと再びデータが読めなくなってしまう。

まとめ

情報漏洩などのセキュリティリスクが高まる中で、利用が広がっているのがセキュリティチップです。セキュリティチップは、コンピュータなどの機器に直接組み込まれ、暗号化や改ざん検知などの機能を実現しています。

セキュリティチップを使うと、盗難などでハードディスクを取り出されても暗号鍵がセキュリティチップに格納されているため、データを読み取られないといったメリットがあります。反面、パスワードを忘れるとデータが使えなくなるといったデメリットはありますが、高度なセキュリティを実現するという意味でセキュリティチップはとても有効なものです。



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。