個人情報含むSDカードを紛失2事案、東海大学医学部付属病院|サイバーセキュリティ.com

個人情報含むSDカードを紛失2事案、東海大学医学部付属病院



東海大学医学部付属病院は2022年11月11日、デジタルカメラに使用していた個人情報を含むSDカードを紛失する事案が2件起きたと明らかにしました。

説明によると、1件目は2022年8月3日に外来で起きたもので、職員がデジタルカメラにSDカードが挿入されていないことに気付き発覚したとのこと。2件目は2022年8月9日に病棟で起きたもので、院内所定の場所からカメラおよびSDカードがなくなっていることが判明しました。

同院によると、いずれの事案においてもSDカードには氏名等の個人情報が記録されていました。このため、対象者に主治医から事情を説明し謝罪。今後は撮影後、速やかに電子カルテにデータを移動し、SDカードのデータを削除する運用に切り替えるほか、カメラやSDカードは施錠可能な場所に保管し、再発を防止するとしています。

参照個人情報を含む SD カードの紛失について/東海大学医学部付属病院
参照東海大学医学部附属病院




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。