サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「日経メディカル」の会員559名のアカウントが不正アクセス被害



画像:株式会社日経BPより引用

株式会社日経BPは2022年6月24日、同社が運営する医療従事者専門サイト「日経メディカル Online」の一部会員アカウントに対する外部からの不正アクセスが確認されたと明らかにしました。

説明によると、公表時点で合計559名の会員アカウントに対する不正アクセスおよび50名のアカウントでギフト券コードの不正読み取りを確認されています。

同社はこのため、ギフト券コード表示画面を一時停止措置を実施し、会員にパスワードの変更を呼び掛けています。また、被害が確認されたユーザーには個別に連絡を取る方針です。

原因は不明、調査結果は速やかに知らせると説明

不正アクセスを受けた原因や全体的な被害規模、流出内容等は明らかになっていません。

ただし、同社は現在も調査を継続しており、結果が判明した際は知らせると説明。再発防止策を実施する考えを明かしています。

参照日経メディカル Online への不正アクセスについて/株式会社日経BP


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。