サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

悪質ECサイトの通報件数が増加傾向、JC3が分析結果を公表



画像:日本サイバー犯罪対策センターより引用

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2021年8月4日、一般社団法人セーファーインターネット協会に寄せられた悪質ECサイトに関する相談内容を分析した結果、2021年上半期における悪質ECサイトの通報件数が前年同期と比べ大幅に増加したと明らかにしました。

JC3によると、2019年上半期と2020年上半期の通報件数はそれぞれ3,677件と5,019件であるのに対して、2021年上半期では6,535件にまで増加したとのこと。原因としては、新型コロナウイルスの蔓延によるインターネット需要の増加が影響しているとしています。

同調査では悪質ECを知るに至ったきっかけやアクセス時のデバイスも分析しています。これによると、きっかけとしてはインターネット検索(67.3%)によるものが最も多く、電子メール(13.4%)、SNS投稿(5.1%)と続いているとのこと。アクセス時のデバイスとしてはPCブラウザ(46.4%)とスマートフォンブラウザ(45.5%)がほぼ拮抗する形とのことです。

一般ユーザー向けに対策情報を発信

JC3は一般ユーザーに向けて、ECサイトを偽装したフィッシング行為への対策情報を発信しています。

セキュリティ対策ソフトやフィルタリングソフトの導入など基本的な対策のほか、アクセスしたサイトのURLを確認したり、アクセス先の企業を利用したフィッシング行為が確認されていないか確認するよう呼び掛けています。

また、悪質ECサイトの手口は銀行振込によるものも多いことから、決済方法が銀行振込のみであったり、振込口座が個人名であったりする場合も警戒するよう注意喚起しています。

参照悪質なショッピングサイト等に関する統計情報(2021年上半期)


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。