東京都、ウェブ会議招待メールを誤送信で参加予定者40名のアドレス流出|サイバーセキュリティ.com

東京都、ウェブ会議招待メールを誤送信で参加予定者40名のアドレス流出



画像:東京都より引用

東京都は2021年4月21日、都が開催を予定していたWeb会議「大学研究者による事業提案制度」に関する電子メールについて誤送信が発生し、会議参加予定者40名のメールアドレスが流出したと明らかにしました。

発表によると、誤送信を起こしたのは都の事務担当者です。2021年4月20日にウェブ会議システムの招待メール作成機能を使用して、招待メールを発信したところ、参加予定者全員のメールアドレスを記載したまま送信するミスが発生。

担当者は招待メール送信時にミスに気付いていませんでしたが、メールを受信した参加予定者から「他の参加者のアドレスが表示されている」と指摘を受けたことにより、アドレスの流出が判明したとのことです。

ウェブ会議開催時は個人情報に留意するよう徹底

東京都はメール送信時のミスを受け、対象者全員にBCC形式での電子メールを送信。謝罪および誤送信メールの削除を依頼する対応を取りました。

また、今後は個人情報の適切な取り扱いを、情報セキュリティの教育および指導を徹底すると発表。外部とのウェブ会議においては、個人情報に留意した開催方法を職員へ周知するなど、再発防止に努める考えを明らかにしました。

参照個人情報(メールアドレス)の流出について




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。