サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

埼玉県が新型コロナ感染者の氏名など個人情報誤掲載

  • LINEで送る


埼玉県公式ホームページにて2021年1月25日、県内の新型コロナウイルス感染者の個人氏名と思われる情報が、第三者により自由に閲覧できる状態にあったと明らかになりました。

埼玉県ではこれまで、感染症対策に関係する情報提供の一環として、新型コロナウイルスに新規感染した県民の情報を、個人情報を伏せる形で提供していました。

ところが、県庁関係者によると、2021年1月25日の午後4時〜午後10時半頃にかけて、感染者の氏名と思われる情報が掲載される事象を確認。これを受け埼玉県は2021年1月26日に会見を開き、事実関係の説明と謝罪を実施する見通しを立てました。

相次ぐコロナ感染者の情報流出

蔓延著しい新型コロナウイルスですが、感染者の情報流出も事案が止まらない状況です。

2021年においても、他に福岡県でシステム操作の人為的ミスにより、感染関係先の情報9,500件が外部閲覧できる状況にあったと明らかになっています。

参照【速報】非公開の新型コロナ感染者の個人情報、ネット上で公開 誤って県HPで6時間以上も閲覧可に





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。