サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

昭和大学病院で患者情報14万9,335名分を記録したUSBメモリ紛失

  • LINEで送る


画像:昭和大学病院より引用

昭和大学病院は2020年11月30日、同院医事課事務所内で運用する患者情報入りのUSBメモリについて、同日までに紛失していた事実を公式ウェブサイトにて明らかにしました。

発表によると、紛失したUSBメモリは診療費等の請求管理の目的で運用されていた媒体で、特定期間に同院から診療請求の発生した患者14万9,335名分のデータが記録されていたとのこと。

同院は紛失の詳細な経緯を明らかにしていませんが、紛失現場が同院医事課内であることなどから、院外への流出の可能性はないと判断。被害可能性のある患者や家族に、謝罪を発表しています。

氏名や診療年月日などが流出か

昭和大学の発表によると、USBメモリの内部に記録されていた情報は、同院が2017年1月~2020年7月にかけて診療請求を行った患者に関するデータです。

同院が明らかにしたところによると、情報の内訳としては患者番号や氏名のほか、診療年月日、保険者番号、公費番号、診療日数、請求点数などが記録されていたとのこと。

このため、同院は再発防止策として、再度全職員に情報管理および運用に関する徹底した注意喚起を行うとしています。

参照患者様情報を含むUSBメモリ紛失に関するお詫びとご報告





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。