グループネットワークが不正アクセス被害で個人情報など最大65万7,096件流出か│東建コーポレーション株式会社|サイバーセキュリティ.com

グループネットワークが不正アクセス被害で個人情報など最大65万7,096件流出か│東建コーポレーション株式会社



画像:東建コーポレーション株式会社より引用

ホームメイトなどの賃貸不動産事業者として知られる東建コーポレーション株式会社は2020年11月17日、同社および同社グループ会社のネットワークが何者かのサイバー攻撃を受けたことにより、同社グループが保有している一部顧客情報最大65万7,096件について外部流出の可能性が発生したと明らかにしました。

発表によると、サイバー攻撃は同社が2020年10月20日に実施したネットワークの社内調査の際、不正アクセスの痕跡が確認されたことにより判明したとのこと。同社がこれを調査したところ、ホームメイトへの問合せ情報やグループ会社の会員情報やキャンペーン応募者などの情報について被害が及んでいる可能性が明らかになったとしています。

このため、同社は該当ホームページを閉鎖し、第三者調査機関を通じて攻撃を受けた原因の調査を進めている状況です。

ホームメイトにナスラックなど複数サービスから複数項目流出か

東建コーポレーション株式会社によると、グループネットワークへの攻撃で、同社が運営するさまざまなサービスから情報が流出した可能性があるとのことです。

対象となるサービスはホームメイトやナスラックなど同社が運営するサービスで、流出項目もサービスごとに異なるとのこと。主な流出項目は氏名や住所、メールアドレスなどで、一部ではパスワード情報も対象とされています。

ただし同社はマイナンバーやクレジットカード番号などの信用情報については未登録のため、流出が確認されていないと発表。今後は問い合わせコールセンターを設置し、対応を進めるとしています。

参照不正アクセスによる個人情報の流出について




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。