サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

日立関係企業のニッセイコムがエモテット感染、関係企業名乗るなりすましメール発生か

  • LINEで送る

画像:株式会社 ニッセイコム

日立製作所の関係企業である株式会社ニッセイコムは2020年9月18日、同社従業員が使用するパソコンがマルウェア「Emotet(エモテット)」に感染した影響で、感染した端末内のアドレス情報やメール本文の記載情報が流出し、不審ななりすましメールが配信されていると明らかにしました。

同社がウェブサイトを通じて公開した情報によると2020年9月17日の始業後、同社従業員からシステム部門に向け「不審メールが届いた」と通知があり疑惑が浮上。

同社がこれを調査したところ、端末がマルウェア「Emotet(エモテット)」に感染している事実が判明したほか、翌日に実施した全社調査の過程で、さらに数台の端末について感染の事実が明らかになったとしています。

既になりすましメールなど発生か

エモテットは主にOffice系列の添付ファイルに偽装して、感染を広げているマルウェアです。感染後はメールアカウント内のメール本文や登録アドレスなどの流出を促した後、これを悪用してなりすましメールを発信することで知られています。

ニッセイコム社においては記事発表時点で、既に同社従業員を名乗ったり、添付ファイルを送信するなど、攻撃者による不審な動きが確認されています。このため、同社は流出対象となったアドレスに向け注意喚起を発表。

同社従業員を名乗るメールが届いた場合、「アドレスのドメイン(@nisseicom.co.jp)」に注意するほか、同社以外の関連業者を名乗っているケースにも注意するよう警告。感染源となりかねないWordファイルやZIPファイルにも注意するよう呼び掛けています。

参照弊社社内パソコンのコンピュータウイルス感染とそれを発端にした関係者への不審メール発生に関するお詫びとご報告

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。