サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

つけもの販売業者もエモテットに感染、メルアカ情報悪用した不審メールが確認される

  • LINEで送る

画像:漬物本舗道長「のんほいショッピ」より引用

つけものなどを扱う「道長のんほいショッピ」は2020年9月4日、マルウェア「Emotet(エモテット)」に感染した影響から、同商店を装った不審なメールが確認されたと明らかにしました。

発表によると「道長のんほいショッピ」が使用するパソコンが2020年9月4日、エモテットに感染。これに伴い同店が使用するメールアカウント内の情報が流出し、内容を悪用した不審なメールが拡散しているとのことです。

これを受け、同店はメールアカウントのパスワード変更など、複数のセキュリティ対策を実施しましたが、流出した情報を悪用したなりすましメールの拡散は止まらず、同店は「現段階ではそれを止めることができません」と流出先に注意喚起を促している状態です。

BF攻撃受け流出か

「道長のんほいショッピ」はエモテット感染のきっかけとして「ロボットによる複数のパスワードでのアタック」と発表。リスト型攻撃や辞書攻撃のようなBF型の攻撃を受けた可能性があるとの認識を示しています。

ただし、同店によると被害はメールアカウントに留まるとのこと。同店はECサイトを運営していますが、クレジットカード情報の流出は否定しています。

参照当ショップを装った不審メールが発信されている場合があります。

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。