サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ロックダウン期間にNetflixを狙ったフィッシングURLが646%増【ウェブルート】

  • LINEで送る

AIや機械学習を用いたセキュリティサービスを展開するウェブルート株式会社(東京都港区)はこのほど、新型コロナウイルスの影響によってストリーミングサービスを標的としたフィッシングURLが大幅に増加していることを発表しました。

同社は独自の「Bright Cloud®」脅威インテリジェンスで、定額制動画配信サービス大手「Netflix」のフィッシングURLをリサーチ。コロナウイルスの感染が拡大した3月は、前月と比べて525%増を観測しました。また、世界各国のロックダウンが進むにつれ、Netflix関連のフィッシングURLも増加。5月には525%から853%にまで急増していることが分かりました。2020年3月から7月のロックダウン期間を見てみると、Netflixを標的としたフィッシングURLは昨年同時期と比較して646%増加しています。

コロナ禍で生まれた新たなサイバー攻撃

新型コロナウイルス感染拡大に伴うサイバー攻撃も散見されています。同じく「Bright Cloud®」脅威インテリジェンス分析では、2020年1月から3月中旬までで「Coronavirus」、「COVID」などコロナウイルス関連の言葉が含まれる新たな20,000件のウェブサイトの2%にサイバー攻撃の脅威を確認。リモートワーク普及による脅威も増加しており、2020年2月から3月の間に「zoom」という言葉を含むマルウェアが2,000%ほどに急増しています。

コロナ関連のワードを狙った攻撃、リモートワーク普及によるマルウェア、巣ごもり需要に伴うストリーミングを狙ったフィッシングURLと、コロナ禍の中で新たなサイバー攻撃が流行しています。「認識のないところから送られてきたCOVID-19に関するメールやURL、広告、SNSの投稿などはクリックしないようにするなど、細心の注意を払ってほしい」と同社は呼びかけています。

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。