サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

糸満市教育委員会の事務員が個人用端末で児童情報を誤送信

  • LINEで送る

画像:糸満市より引用

糸満市は2020年8月24日、同市の教育委員会が発信した電子メールについて誤送信が発生し、教育委員会が保有する域内児童2名の氏名や保護者情報などが第三者に流出したと明らかにしました。

糸満市教委によるとインシデントは2020年7月28日に発生。

糸満市教委に所属する事務員が児童生徒らのの教育相談内容を関係機関に伝達するため電子メールを送信した際、送信先アドレスを誤入力。ミスに気付かないまま送信したため本来送付すべき機関とは関係ない、第三者に情報が流出したとしています。

本来の手順を踏まずに流出

誤送信を起こした事務担当者は情報の送信方法について、本来定められている手法を取っていませんでした。

発表によると、糸満市では教育相談内容の関係機関への伝達は本来、書類郵送により送付すべきと定められています。ところが、問題の事務員は何らかの理由で定められた手続きを踏まず、個人用端末を利用して電子メールで伝達したとのこと。結果として第三者への流出が確定した形です。

このため、糸満市教委は今後、個人情報の適正な管理を徹底し、情報管理体制を強化する方針を打ち出しています。

参照個人情報の流出について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。