サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

職員のメルアカ乗っ取り迷惑メール大量送信、アドレス1,733件も流出の可能性

  • LINEで送る

画像:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)は2020年8月6日、同社の職員が使用するメールアカウントが外部からの不正アクセスを受け、アカウント内の情報が不正閲覧されたほか、関係者に向けた大量のなりすましメールが送信されたと明らかにしました。

LINK-Jによると、2020年7月23日の午前11時31分ごろより、LINK-J職員のメールアカウントに対する不正アクセスが発生。LINK-Jがこれを察知し調査したところ、攻撃者は何らかの方法でLINK-J職員のアカウントを乗っ取り、アカウント内に記録されたアドレス1,733件に対して職員になりすましたフィッシングメールを送信していた事実が判明したとのことです。

なお、メールの本文には個人情報の抜き取りなどを意図したと思われるフィッシングサイトへ転送URLが記載されていたとしています。

ログイン制御し対処を実施

LINK-Jはインシデント発覚後、該当メールアカウントへのログイン制御を実施し、全職員に対してパスワードの変更を指示するなど、不正アクセス対策を進めています。また、並行して調査を進め、原因や影響範囲を明らかにしていくとのこと。

また該当アカウントに情報が記録されていたことにより、情報流出の可能性が生じているメールアドレスに対しては、事案の概要を通知し注意喚起。二次被害抑止に向けて対策を進めています。

参照迷惑メール送信のお詫びとお願い/一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)事務局

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。