サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

自民議連がTikTok規制を提言か、情報流出など念頭に

  • LINEで送る

自民党議員で構成される「ルール形成戦略議員連盟」は2020年7月28日までに、中国製のスマートフォン向けアプリケーションの利用について、一部制限を加えるための法律を整備するよう日本政府に提言する考えを明らかにしました。
提言の目的は情報の流出を懸念したもので、アプリケーションを開発する中国企業のなかに、中国政府に情報を提供している可能性があるとのこと。
特に米国国務長官などが「中国共産党に利用者の情報が渡りかねない」などと警戒を募らせる「TikTok(ティックトック)」が念頭にあるものと見られます。なお、ティックトックはインド政府が既に禁止を決定しているアプリケーションで、国内では若年者および40代男性から需要の強いことで知られています。

日本政府も安全性の確認進める

日本政府も現在、議員連盟による提言内容に沿うかのように、情報流出への安全上の懸念を確認する動きに出ています。
具体的には、国家安全保障局の経済部門において、中国製を中心とした情報流出の懸念が生じるアプリケーションの情報収集を進めているとのことです。また、菅官房長官も2020年7月27日の会見にて、個人情報の登録について、情報流出への注意が重要とコメントしました。
TikTokも念頭、中国発アプリ制限を提言へ…自民議連/読売新聞

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。